<i>Podcast</i><i>JAM</i><i>Porori</i>
<i>Podcast</i><i>JAM</i><i>Porori</i>
  • © 2019 JAMKitchen 0

PodcastJAMPorori

« 新じゃむぽろり #064【久々JINCO単独放送】 | メイン | パズドラアニメスタッフの冒険メモ〜北欧神究極進化で火属性〜 »

Googleリーダー終了に伴うtwitterの必要性

むかーしむかーし...遙か昔にRSSリーダーを作りましたが、このGoogleリーダーにおける【既読情報のクラウド化】ほど便利なものはありません。
...ホント私にとっては最近唯一の情報源がRSSでの取得だったので正直困ってます。
以前は【Socialite】というアプリケーションを使っていましたが、既読情報が共有できない今、戻る気も起こらないのですよね...バージョンアップして変化しているのでしょうか??
また少し試そうとも思いますが...さて、どうしましょう...
としてパッと思いつく先がlivedoor Readerのような気がします。
私も以前少しだけ使った記憶があります。

が、まずRSSという存在自体がどうなのでしょうか?
この【RSSの必要性】とうのはsafariで対応しなくなった時にも、このブログ内で検討していた記憶があります。
きっと知らない人も少なくないシステムだと思いますし、徐々に打ち切られていることが現状なわけです。

遙か昔にRSSリーダーを作ったと冒頭に書きましたが、その遙か昔からあるRSSが主要に使われることも無く、新サービスが爆発的に飛び出てきて世の中を動かしていく中で徐々に廃れていくRSS...
...もしかすると...「こんなに便利なのに」と思って使っているのは、古い人間なのでしょうか?
世の中の情報は今どのように取得されているのでしょうか?

ということでtwitterという選択肢が浮上してきたわけです。
あの【新しい情報世界へ羽ばたけ!】というようなアイコンが、RSSから乗り換えるなら思い切ってtwitterなんだ!というメッセージに見えるではありませんか。
livedoor Readerを使い、今までと変わらぬ環境を作ることで良いのでしょうか?
新世界へ、新時代へ...まぁ新しい発想でもありませんが...改めてRSSの必要性を考える機会を得たこのチャンスに。
RSSから羽ばたきましょう。
...あ...いや...ちょっとだけlivedoor Reader試してみましょうかね...
...いやいや、違う違うtwitterです。twitter。
...まぁ、でも。
1回だけです。livedoor Reader試すのは。

applemusic