<i>Podcast</i><i>JAM</i><i>Porori</i>
<i>Podcast</i><i>JAM</i><i>Porori</i>
  • © 2019 JAMKitchen 0

PodcastJAMPorori

« PhotoshopでGIFアニメ制作時のバグ? | メイン | SQLiteデータベースが病に »

UbuntuのUSBインストールで痛恨ミス

人間不思議なもので「気をつけなきゃ!!」と思っているミスほど、むしろ進んで踏んでしまうことがあるものです。
温厚な私も、今回ばかりは自分のアホさ加減にさすがに腹が立ちました。

既にタイトルで結果が分かっている方もいらっしゃるかと思いますが...インストールミスすることで、最悪Windowsが起動しなくなるという現象が起こるのです。
UbuntuをUSBにインストール際には、くれぐれもお気をつけ下さい。
(ここで書かなくても、そんなことは初めから書いてありますが)

Ubuntuを知らない方はこちらをどうぞ。
Ubuntu Japanese Team

そもそも私が何をしたかったのかと言うと、OSをUSBストレージにインストールし、そのUSBストレージからパソコンを起動することで、どんなパソコンでもMyパソコン化してしまおうというものです。

実際、ド素人の私でも非常に簡単にインストールが出来、USBストレージからの起動時間も待てないほど長くはかからないため、MyOSとして持ち歩く楽しさを感じることができました。
ただし、USBから起動するには各PCのBIAS設定を変更する必要があるため、各PCのBIAS設定画面を呼び出すキー探しだけで疲れてしまいます。
ですが、起動出来るとちょっと嬉しく感じるのでチャレンジするのも面白いのではないでしょうか。
UbuntuをUSBストレージにインストールするには

さて、私がなにをミスしたかを書くと......
上記、インストール方法のページ、【赤字で大きく「ここをクリック」】と書いてありますが、私は【そこをクリックしませんでした。】

何故でしょうね。
【拡張をクリック】だと5回くらい目を通したはずですよ。
もう、Supernatural的な何かが、私の体を乗っ取ったとしか考えられません。

結局、私は注意書きを無視した結果となり、ブートローダの書き込みをUSBに設定せず、もともとインストールされていたWindowsのHDに書き込んでしまったわけです。
みごとに、USBストレージを差さなければWindowsが起動できない状態になりました。

そこで解決方はつづきへ

applemusic