<i>Podcast</i><i>JAM</i><i>Porori</i>
<i>Podcast</i><i>JAM</i><i>Porori</i>
  • © 2019 JAMKitchen 0

PodcastJAMPorori

« 名も無きクマのスタイルガイド | メイン | 気が付いてもどうにもならない時間 »

カップ麵の美味しく食べられる時間

お昼をカップ麵にしたのです。
少し考え事をしながらお湯を注いだところ、ちょっと試したいアイデアを思いつき作業を開始しました。
ここをこうしたらどうだろう?あれをああしたらどうだろう?と色々と作業をするうちにお腹が減ってきたことに薄ら気付いたので何か食べようと行動した時に、さっきお湯を注いだカップ麵に出くわしました。
やっちまいました。
お昼に作って...気が付けば15時です。
3時間やっちまいました。ミニッツと書いてあるのにアワーしてしまったわけです。
まあまあ、でも食べようではありませんか。
蓋を開けてみたところ水分らしきものは見当たらず正直まずそうです。
それは3時間という偏見のせいでしょうか。
口にしてみると、まあ麺でした。
思ったより崩れないことには何故か不信感を抱いてしまいましたが、まあそれ程いつもと変わってもいない感じです。
ただ温度が明らかに足りないせいか、美味しくはありません。
不意に2分が美味しいというCMを思い出しました。
じゃあじゃあ私は「2時間ならば、まだ美味しい!」と唱えたいと思います。
あと少し温度さえあれば大丈夫だったという感想です。
それにしてももう駄目じゃないですかね。私は。
そんなこと忘れてしまうのですもの。流石に忘れませんよ。普通。
ちょっとショックでした。

applemusic